Talking Rock!21年7月号

表紙巻頭=SUPER BEAVER

タワーレコード全店orタワーオンラインでの購入で
表紙デザインポストカードの特典あり!
発売日2021年 6月 9日(水)
定価888円(税込 本体807円)
雑誌コード16661-07

Talking Rock!21年7月号の内容

CONTENTS

●SUPER BEAVER(表紙巻頭)
●ゆず(第2特集)
●the LOW-ATUS
●SHISHAMO
●MAN WITH A MISSION
●GRAPEVINE
●フィッシュマンズ
●CHAI
●Vaundy
●MONO NO AWARE
●kobore
●ヤユヨ

タワーレコード全店orタワーオンラインでの購入で表紙デザインポストカードの特典あり! こちら→【タワーレコード】

SUPER BEAVER

表紙巻頭は7月10日&11日に横浜アリーナで開催する本誌主催フェス『Talking Rock! FES.2021』に出演してくれるSUPER BEAVERを大特集! もちろんメンバー全員で見事オリコン週間ランキング2位を獲得した今年2月のアルバム『アイラヴユー』のその手応えをあらためて尋ねつつ、5月のシングル「愛しい人」と7月7日にリリースされるニューシングル「名前を呼ぶよ」のそれぞれ表題曲はもちろん、カップリング曲(これがまたすべて秀逸!)も含めてじっくりと話を聞きました! 全24ページで、中の写真も最高にカッコいいのでぜひチェックを!

the LOW-ATUS

続いてこちらも7月10日&11日に横浜アリーナで開催する本誌主催イベント『Talking Rock! FES.2021』に出演してくれる、細美武士(the HIATUS/MONOEYES/ELLEGARDEN)と、TOSHI-LOW(BRAHMAN/OAU)によるthe LOW-ATUSを12Pで掲載! まずはそもそもの二人の接点をあらためて振り返りつつ(たっぷりと聞きました!)、the LOW-ATUSのここまでの活動内容を追いかけた後、6月9日リリースの1stアルバム『旅鳥小唄/Songbirds of Passage』(読み:タビドリコウタ)について、じっくりと話を聞きました!

SHISHAMO

さらに、こちらも7月10日&11日に横浜アリーナで開催する本誌主催フェス『Talking Rock! FES.2021』に出演してくれるSHISHAMOをキャッチ! 6月30日にリリースするニューアルバム『SHISHAMO 7』をメインに、前作の『SHISHAMO 6』(20年1月)以降、コロナ禍になる中で、どのような気持ちで過ごし、コンスタントに配信シングルを出しながら今回のアルバムをどういう気持ちで作り上げたのか。メンバー全員で撮影をした後、宮崎朝子にじっくりと話を聞きました!

Vaundy

さらにさらに! こちらも7 月10&11日に横浜アリーナで開催する本誌主催イベント『Talking Rock! FES.2021』に出演するVaundyを初インタビュー! 現在21歳にして作詞・作曲・編曲はもちろんアートワークのすべてを一人でこなす彼の音楽は、聴く人の体にスッと馴染む聴き心地よいサウンドであり、昨年5月の1stアルバム『strobo』では幅広いジャンルの楽曲を披露。そんな彼の音楽ルーツとポップ論、そして活動にかける想いなどをじっくりと聞いた後、4月に配信リリースされた「しわあわせ」とこの先の未来図について話を聞きました!

ゆず

今号の巻末特集でゆずを12Pでお届け! 本誌登場は20年3月のアルバム『YUZUTOWN』での表紙号以来1年3カ月ぶり。もちろん北川悠仁&岩沢厚治の二人とその後の流れを丁寧に整理しながら、5月29日に配信された『YUZU ONLINE LIVE 2021 YUZUTOWN』で披露した最新曲の「NATSUMONOGATARI」、そして6月5日に配信された『YUZU ONLINE LIVE 2021 ALWAYS YUZUTOWN』で披露した未発表の新曲「ALWAYS」について。さらには夏からスタートするホールツアー『YUZU TOUR 2021 謳おう』への意気込などについて、たっぷりと話を聞きました!

MAN WITH A MISSION

映画『ゴジラvsコング』の日本版主題歌の「INTO THE DEEP」を6月9日にリリースするMAN WITH A MISSION。ゴジラとキングコングの間に佇む5匹のビジュアルが最高にカッコよくてユニークでワクワクしますが、その主題歌「INTO THE DEEP」が“映画のサウンドトラックか”と思わせるような狼たちならではのデジロック&エモーショナルな展開が最高にカッコいいナンバーです! 昨年7月のバンド結成10周年記念3部作の第3弾『MAN WITH A“BEST”MISSION』以降にリリースした「ONE WISH e.p.」(21年2月)と、今作「INTO THE DEEP」のそれぞれの収録曲についてジャン・ケン・ジョニーにじっくりと話を聞きました!

GRAPEVINE

19年2月の『ALL THE LIGHT』以来、2年3カ月ぶりのニューアルバム『新しい果実』を5月26日にリリースしたGRAPEVINE。ホッピー神山をプロデューサーに迎えた前作から転じて今作はセルフプロデュースで制作! ネオソウルなテイストに彼らならではのオルタナ感をブレンドした1曲目「ねずみ浄土」を皮切りに、今作も多彩なサウンドメイクと巧みな言葉の表現でグレイプバインならではの音楽がしっかりと楽しめる1枚です! その新作について、ユニークな脱線トークも含めつつ(笑)、全曲解説スタイルで3人に詳しく話を聞きました!

フィッシュマンズ

今年デビュー30周年を迎えたフィッシュマンズが、それを記念したドキュメンタリー映画を制作! 『映画:フィッシュマンズ』のタイトルで7月9日から全国の映画館で公開予定! オリジナルメンバーはもちろん、同バンドに深く関わりのある人物がカメラの前でフィッシュマンズへの想いと、その当時の心境を赤裸々に語り、レア映像もたっぷり収めた同作品について、フィッシュマンズの欣ちゃんこと茂木欣一にインタビューを敢行! 前身のトーキンロック!に掲載した懐かしい記事も引っ張り出して笑い話も交えながら30年を振り返りつつ、同映画についてじっくりと話を聞きました!

CHAI

ニューアルバム『WINK』を5月21日にリリースしたCHAIのインタビューをお届け! 約2年ぶりとなる本作は海外のプロデューサー&アーティストを多数招いて制作を敢行し、コロナ禍でライブができない状況をポジティブに捉え、“今”しか鳴らせない新たなサウンドへ果敢にチャレンジ! これまでのバンドイメージを刷新するブラックフィーリング溢れるメロウな全12曲について、メンバー全員に話を聞きました! キュートな写真にも要注目!

MONO NO AWARE

6月9日に4thアルバム『行列のできる方舟』をリリースしたMONO NO AWARE! 遊び心溢れるユーモラスな言葉選びと、どこか郷愁感を帯びた多彩なギターロックサウンドで多くのリスナーを惹きつけてきた彼ら。次なるフェーズへと進んだバンドが本作で新たに描いた世界観とはどんなものなのか? メインソングライティングを務める玉置周啓(vo&g)をキャッチしてたっぷり話を聞きました!

kobore

6月9日にEP「Orange」をリリースするkoboreのインタビュー! メジャー1stアルバム『風景になって』(20年8月)以来となる本作は、先行配信された「夜空になりたくて」と「海まで」を含め、新たなサウンドワークにも挑戦したという全6曲を収録! koboreらしいパワフルさや瑞々しさは湛えたまま、感覚をアップデートした素晴らしいソングライティングが光る今作について、佐藤赳(vo&g)と田中そら(b)の二人に話を聞きました。

ヤユヨ

6月16日に2ndミニアルバム『THE ORDINARY LIFE』をリリースするヤユヨのインタビュー! 前回の取材(本誌20年9月号)以降に行われた東名阪ワンマンツアー『ヤユヨ初めましてのワンマンツアー2021』の感想や、そのファイナルの大阪公演で正式加入を発表したすーちゃん(ds&cho)の加入の経緯や心境を伺いつつ、新しいことにも挑戦してさらに進化を遂げた自信作だと言う今作『THE ORDINARY LIFE』についてメンバー全員に話を聞きました!

NEXT ISSUE

次号予告

Talking Rock! 21年9月号

8月 10日(火)発売

official髭男dism

Saucy Dog(バックカバー)、SixTONES(第2特集)、『Talking Rock! FES.2021』完全リポート大特集!! and more...