Talking Rock! 22年7月号

表紙巻頭はマカロニえんぴつ!
他に、SixTONES、ゆず、
MAN WITH A MISSION等を掲載!
発売日2022年 6月 9日(木)
定価888円(税込 本体807円)
雑誌コード16661-07

Talking Rock! 22年7月号の内容

CONTENTS

●マカロニえんぴつ(表紙巻頭)
●SixTONES(巻末特集)
●ゆず
●MAN WITH A MISSION
●Novelbright
●キタニタツヤ
●マルシィ
●Cody・Lee(李)
●Ghost like girlfriend

表紙巻頭はマカロニえんぴつ!

6月22日発売のメジャー2nd EP「たましいの居場所」を大特集!

タワーレコード全店 or タワーレコードオンラインでの購入で表紙絵柄ポストカード特典あり!

他に、ゆず、MAN WITH A MISSION、そして巻末でSixTONESを特集掲載!

 

マカロニえんぴつ

 今年6月16日にバンド結成10周年を迎えるマカロニえんぴつを表紙巻頭で大特集! 現在10周年のアニバーサリーツアーを敢行中の彼らをキャッチし、軽快なビートとキャッチーなメロディが魅力の表題曲を始め、強烈な個性を放つ4曲を収録した6月22日にリリースするEP「たましいの居場所」についてはもちろん、結成10年目の今の心境についてメンバー全員でたっぷり語ってもらいました! 彼らのクールな表情からユーモラスな一面までが垣間見られる数々の写真と共に、計20ページのボリュームでお届けします!

SixTONES

 6月8日に通算7枚目のシングル「わたし」をリリースしたSixTONESを巻末特集でお届け! 今回もメンバー全員で撮影+インタビューはジェシー+京本大我+髙地優吾、松村北斗+森本慎太郎+田中樹の2組に分かれて敢行! まずは1月の2ndアルバム『CITY』に伴う全国ツアー『Feel da CITY』の手応えを尋ねつつ、同ツアーの初日から披露した今年3月の6thシングル「共鳴」と、SixTONES初のバラードシングルの新作「わたし」について。その表題曲はもちろん、カップリング曲についてもじっくりと話を聞きました!

ゆず

 3月のアルバム『PEOPLE』に続いて2作連続発売の第2弾『SEES』が完成! 6月29日にリリースするゆずのインタビューは現在展開中のアリーナツアーの手応えと『SEES』についての流れで話を聞きつつも、ボリューム大により2号に分けて連続掲載! 今号ではツアーの手応えとアルバム『SEES』の全体像について。そして次号=7月12日発売予定の本誌22年8月号増刊にて同アルバムの全曲解説をたっぷりと掲載! “二人の表情&ポージングが最高!!”と大好評だった22年4月号増刊とはまた違う自然体の二人の写真にも注目です!

MAN WITH A MISSION

 昨年11月のアルバム『Break and Cross the Walls Ⅰ』に続く同シリーズ第2弾の『Break and Cross the Walls Ⅱ』を5月25日にリリースしたMAN WITH A MISSION!! コロナ禍で生じたさまざまな社会問題や、今の世界情勢に目を向け、聴き手に問いかけるようなメッセージを込めた楽曲を多く揃えた前作に対し、今作は自分たちの意思を強く記して前作に対する一つの答えを提示した印象の作品です! 今回も写真撮影をメンバー5匹で行い、新作に収録の全楽曲についてジャン・ケン・ジョニーに一つ一つ丁寧に話を聞きました! 

キタニタツヤ

 5月25日にアルバム『BIPOLAR』を発売たキタニタツヤの本誌初インタビューです! TVドラマの主題歌やアニメのオープニングテーマなど数多くのタイアップ曲を手掛け、オルタナティブやシューゲイザーのロックサイドから、ブラックミュージックに、ハイパーポップやグローバルポップなどを自在に操る独自の音楽が話題に! 加えて他アーティストの音源制作や楽曲提供など幅広く活躍を続ける彼はこれまで音楽とどう向き合いながら歩んできたのか。まずは彼の音楽ルーツを尋ねつつ、新作『BIPOLAR』について話を聞きました!

Novelbright

 5月18日にメジャー2ndフルアルバム『Assort』をリリースしたNovelbright。昨年4月のメジャー1stフルアルバム『開幕宣言』の後、バンドに大きなエネルギーを与えた2つのライブ=昨年7月の初の大阪城ホールワンマン公演と、先輩格バンド6組を招聘して行われた同年秋の2マンツアーをメンバー全員で振り返りつつ、彼ららしさと新しさの両面を見事なバランスで詰め合わせた今回のメジャー2ndフルアルバム『Assort』については、全曲解説のスタイルでたっぷりと話を聞きました!

Cody・Lee(李)

 アルバム『心拍数とラヴレター、それと優しさ』(5月25日)でメジャーデビューを果たしたばかりのCody・Lee(李)のインタビューをお届け! シューゲイザーやシティポップなど、さまざまなジャンルを飲み込んだ独自のオルタナロックナンバー全12曲を収録した今作。ポエトリーリーディングや男女混合ボーカルを交えて日常の風景を描く、その歌詞の中で伝えたかった“愛”とはどんなものなのか? 高橋響(vo&g)と力毅(g&cho)に話を聞きました。

マルシィ

 SNSの口コミから広がった要注目のニューフェイス=次世代ラブソングバンドのマルシィがメジャー1stアルバム『Memory』を6月1日にリリース! 恋にまつわる甘く切ない歌詞と透明感あふれる歌声が織りなすエモーショナルなサウンドが魅力の彼らが、この記念すべき1作目をどんな想いを込めて作り上げたのか。新たなサウンドアプローチも含めマルシィの音楽を余すことなく鳴らすとともに、作品作りに対するこだわりもしっかりと見せたその新作についてメンバー全員に話を聞きました! 

Ghost like girlfriend

 19年6月の1stアルバム『Versio』から3年ぶりの2ndアルバム『ERAM』を6月8日にリリースしたGhost like girlfriend=岡林健勝のインタビューです。4th EP「2020の窓辺から」(20年11月)のリリース時(本誌21年1月号)以来約1年半ぶりの本誌登場となる彼に、まずは同作以降の活動の日々を尋ねつつ、Ghost like girlfriendのポップ音楽を一つ確実なものにできたと自身が強く語るその新作『ERAM』について話を聞きました!

 

さらに、8月23日(火)・24日(水)・25日(木)の3日間、KT Zepp Yokohamaで開催する

『Talking Rock! FES.2022』 の全出演アーティストと日割りを誌上にて発表!

今号もよろしくお願いいたします!