『Talking Rock! FES.2021』を大特集したTalking Rock! 21年9月号本日発売!

本誌創刊25周年を記念して7月10日&11日に横浜アリーナで開催し、

おかげさまで大盛況のうちに終えることができた『Talking Rock! FES.2021』の

完全アフターリポートを掲載した最新号=

Talking Rock!21年9月号が本日発売です!

出演アーティスト全16組のたっぷりのライブ写真とリポートはもちろん、

終演直後のレアインタビューとオフショットに、

ご来場いただいたみなさんのスナップ写真など、全80Pの大ボリュームで掲載!!

新型コロナウイルスの感染対策を施しながら開催した本フェスに

出演の全16組はどういう想いで今回のステージに立ち、

そしてそこで何を感じたのか。

大感動の2日間のドキュメントを余すことなく収めています。

 

先述の通り“本誌創刊25周年”を記念した同フェスでしたが、

新型コロナウイルスが落ち着きを見せない中での開催であることと、

同フェスの直前にいくつかの大型フェスの中止や延期が発表されたことで

“25周年”の括りとは別の、

なんとも言葉にできない重圧を感じながらの2日間でした。

ですが、出演の全アーティストがそれを吹き飛ばしてくれるほどの

ロックなパフォーマンスを披露し、そして様々な制約がある中でも

そのステージを思い切り自由に楽しむ観客のみなさんに僕は心から感動して、

最後の挨拶で恥ずかしながら感極まり立ちすくんでいると、

大トリのステージを終えたSUPER BEAVERのメンバーが

猛ダッシュで駆け寄って僕をハグしてくれて、

そしてお客さんの大きな拍手に支えられて、

なんとか最後を締めることができました。

あのときの感動はちょうど1カ月が経過した今も、忘れることはありません。

 

そして最新号を作り終えて発売日を迎えた今、

スタッフ一同、あらためて心に刻んだのは、

これまでもずっと大切にしてきた“一つ一つの取材を丁寧に行い、

読者のみなさんにいいなと思う音楽をしっかりと伝える”ということ。

その姿勢を引き続き大事にしながら、

Talking Rock!を作っていこうとみんなで話し合いました。

 

当日会場に来てくれた人も、残念ながら来られなかった人も、

今号をじっくりと読んで感動の2日間をぜひ感じてください。

そして、出演してくれた16組の音楽を

これからも心から楽しんでもらえたらうれしく思います!

 

なお、表紙巻頭はOfficial髭男dism、

そしてバックカバー巻末でSaucy Dogを特集。

他にSixTONESとKEYTALKのロングインタビューも掲載しています!

ぜひそちらもあわせて読んでくださいね!

『Talking Rock! FES.2021』今週末に日割り&第2弾出演者発表!! 先行受付もスタート!!

3年ぶり、そして通算7回目にして初の関東開催となる

本誌主催イベントの『Talking Rock! FES.2021』!!!!!

 

本誌で掲載&応援しているお馴染みの顔ぶれが

7月10日(土)&11日(日)の2日間、横浜アリーナに集います!

 

すでに第1弾出演アーティスト7組を発表していますが

SNSを見ると、このメンツに対して“熱い”とか“エグい”とか

“ヤバい”とか“神”といった言葉を見かけて、

想像以上の反響に驚きつつ、スタッフみんなで喜んでいます!

先述の通り、本誌によく掲載しているアーティストばかりなので、

個人的にはいつもの雑誌作りの延長線上の感覚でもあるのですが^^;

みなさんの最高にエモい反応が、正直とてもうれしいです^^。

 

しかもこの後に発表するアーティストも全然負けてないですよ!!!

 

その次の発表=第2弾出演アーティストと、お待ちかねの日割りは

この週末=5月21日(金)の夕方頃の予定で調整しています!

同時に先行受付も開始しますので、正式に日時が決まりましたら

このHP、及び公式ツイッターでご案内いたします!

 

お楽しみ!

《最新号まだまだ発売中!! クリープハイプ編》

次号=4月9日発売のTalking Rock!5月号の表紙巻頭はマカロニえんぴつです!

今回もタワーレコード全店orタワーオンラインでの購入で

マカロニえんぴつの表紙デザインポストカードの特典があります!

その表紙デザインは明日=4/5に公開するのでどうぞお楽しみに!

掲載内容の詳細もその後にお知らせします!

(第2特集の[Alexandros]の幕張リポートもボリュームたっぷりですよ!!!)

 

そして、まだまだ発売中なのが、Talking Rock!4月号増刊sumika特集です!

sumikaの取材エピソードはこちにアップしています)

 

そのTalking Rock!4月号増刊に掲載しているクリープハイプですが、

撮影は都内のとあるビルの屋上で行ったのですが、

その撮影現場に先日放送された「情熱大陸」のスタッフの方が

密着取材で来られていました。そしてその時の撮影シーンが、

「情熱大陸」の予告編と、放送当日の序盤で放映されましたね!

ご覧になられましたか?

 

ちなみに、そのビルの屋上に行くには建物の外付けの非常階段を上がるしかなく、

実は、僕は高所恐怖症なので(苦笑)、カメラマンさんにお任せして、

ただただ下から見上げていました(苦笑)。

 

▲下からの撮影(笑)。カオナシ君が見えますね(笑)。

 

▲こちらは4人の後ろ姿が!(笑)

 

ちなみに夕暮れ時の撮影で、4人の背景のオレンジ&紫色に染まった都内の景色が

とても綺麗だったのですが、その写真の一部を都合でモノクロで掲載していたので

少しもったないなあと………なので、カラーバージョンをこちらにアップします。

 

こちらです! ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

インタビューはメンバー全員で2020年をあらためて総括しつつ、

2021年に向けての意気込みについて。

 

3月の大阪フェスティバルホールのステージもすごく良かったですよね!

まだまだ大変な状況ではあるけれど、

こうして自分たちのライブに来てくれているお客さんがいて、繋がりを感じて

大丈夫だと思ったというニュアンスの尾崎君の言葉も印象的でした。

 

現在は「尾崎世界観の日」のツアー中ですね!

いつになるかはわからないけれど、「そう遠くないうちに」と尾崎君が言ってた

次のアルバムも楽しみに待ちたいと思います。

 

そんなクリープハイプのこの号=Talking Rock!4月号増刊

インタビューをまだ読んでいない方は、ぜひぜひお買い求めください^^/

 

次号のTalking Rock!は3月2日に増刊号を発売! 表紙巻頭はsumikaです!

Talking Rock!編集長の私・吉川から次号(臨時号)のご案内です!

現在発売中のSixTONESが表紙の最新号=Talking Rock!21年3月号でも告知していましたように、3月2日(火)に増刊号を発行いたします!

その表紙巻頭は3月3日にニューアルバム『AMUSIC』を発売するsumikaです!


▲3月3日発売のニューアルバム『AMUSIC』

Talking Rock!では19年4月号以来、ちょうど2年ぶりに表紙を飾ってくれます! もちろんメンバー全員で、その『AMUSIC』についてのロングインタビューを敢行! さらに、さいたまスーパーアリーナで3日間に渡り行われたオンラインライブのリポートも掲載! 2本立てでの特集です!

タワーレコード全店orタワーオンラインでの購入でsumikaの表紙デザインポストカードの特典あり! 予約はこちらから→タワーレコード

その表紙画像は明日にアップします!

他には、本誌21年1月号で表紙巻頭特集を組んだ『ONAKAMA 2011』=
THE ORAL CIGARETTES、04 Limited sazabys、BLUE ENCOUNTの3組でのライブツアーの1月31日の大阪城ホール公演をたっぷりとリポート! さらに、go!go!vanillasのニューアルバム『PANDRA』をいち早くインタビュー! そして東京スカパラダイスオーケストラの茂木&加藤コンビのインタビューに10-FEET、クリープハイプ、フジファブリック、秋山黄色など、下記のラインナップです!

【Talking Rock! 21年4月号増刊】
●sumika(表紙巻頭)
●go!go!vanillas
●ONAKAMA 2021
 THE ORAL CIGARETTES
 04 Limited sazabys
 BLUE ENCOUNT
●東京スカパラダイスオーケストラ
●10-FEET
●クリープハイプ
●フジファブリック
●Saucy Dog
●秋山黄色

発売日=2021年3月2日(火)
定価=888円(税込 本体807円)
雑誌コード=16662-04

予約はこちら!
タワーレコード *表紙デザインポストカード特典あり
アマゾン
HMV

よろしくお願いいたします!